Cavallotto Bricco Boschis カヴァロット・ブリッコ・ボスキス

イタリア Italia / Piemonte

バローロの中心『ブリッコ・ボスキス』単独所有

バローロで初めて有機栽培を導入したのがこのカヴァロット。葡萄栽培農家で他の野菜も栽培していた彼等は必然 的に有機栽培の導入に至った。農民ゆえにグリーンハーヴェストも行わない。

1928年創業の老舗

「カヴァロット」は 1928 年から 5 世代続く老舗。古典 バローロと言えば必ず名前が挙がる名家。当主は地 元で偏屈者として有名な「ジュゼッペ」。

『バローロの畑は相続で細分化されているが僕等の ブリッコ・ボスキスは1ヶ所。だからバローロで初めて 有機栽培の導入を実現できた』

1948 年には現在のカンティーナが完成し「カヴァロッ ト」の名前でバローロの販売を開始。1967 年には「ブ リッコ・ボスキス」の畑名が認められた。

『バローロの中心にあるブリッコ・ボスキス。地質的に は 2 億 3,000年前の漸新世に起源を持つ青色マー ルと粘土石灰の混合土壌』

栽培を担当する「アルフィオ」は地質学者でもあり、 バローロの地質を研究している。 「バローロ」と「ラ・モッラ」はトルニアン期(700 万年 前)に起源を持ち砂質と粘土石灰の混合土壌で比 較的軽い土壌。セッラルンガとモンフォルテはランギ アン期(1,300 万年前)の土壌でマンガンや鉄が多く 含まれていて重たい土壌。

『トルニアン期の新しい土壌とランギアン期の古い 土壌がぶつかる場所がブリッコ・ボスキス』

60年代から有機栽培

32~38hl/ha と収量は少ないが、収量制限はしてい ない。樹齢の高さと痩せた土壌の影響で収量が自然 に落ちているだけ。

『果実を切り捨てるのは農民として間違っている。グ リーンハーヴェストは行わない』

現代のワイン造りではグリーンハーヴェスト(摘果)で 収量を制限して凝縮した葡萄を得ることは常識だが、 彼等は一切行わない。

『人為的に凝縮させて現代の嗜好に合わせても意 味がない。カヴァロットのバローロの良さは色調が淡 くても味わいに骨格があること』

「カヴァロット」はバローロで最も早く有機栽培を導入し たことでも知られている。1960 年代、農業の効率化 が始まり農薬が全盛期の時代だった。

『当時は有機栽培の畑は1ヶ所も無かった。トリノ大 学とサン・ミケーレ研究所との共同研究で循環型農 業を目指し完全有機栽培を導入した』

農民として自分達の土地を健全に残していくことを考 えてのことだった。今では更に進化していて除草剤は 勿論、殺虫剤や防カビ剤、ボルドー液も使わない。

『銅も硫黄も使わない。使うのは海藻を乾燥させて 水に溶かしたものやヴィネガー、蜂蜜等。ベト病も全 て天然の素材で対応する』

下草はある程度まで生やし、一定の高さまで育つと 手作業で刈りとり、畑を耕すことなく放置しておく福岡 正信が提唱した不耕起栽培を実践している。

『畑を耕す必要も無い。土壌が活性化すればミミズ やバクテリアの活動で土壌は自然と酸素と窒素を得 てバランスをとる』

偉大な畑ブリッコ・ボスキス

セラーにはスロヴェニア産の大樽が 30 以上並んでい て古い樽の注ぎ口は鹿の角でできている。

『注ぎ口が鹿の角なのでワインは鉄やステンレスに 触れずに熟成する。ワインは柔らかく成長する』

■バローロ・ブリッコ・ボスキス ブリッコ・ボスキス畑のみ。大樽で 36 ヶ月熟成。東、 南、西部。丘の上、中、下部で分けて収穫、醸造し アッサンブラージュすることでバランスを得ている。

■バローロ・ヴィニョーロ・リゼルヴァ 1945、1966 年に植樹された 1.56ha の畑でカスティ リオーネを代表する畑。 「ブリッコ・ボスキス」の 1 つ南の丘の南西部。「モンプ リヴァート」と同じ斜面。土壌はセッラルンガに近い。

■バローロ・サンジュゼッペ・リゼルヴァ ブリッコ・ボスキスの区画の一部。最も古い樹で 73年 を越す。絶対的な威厳を持ちカスティリオーネ・ファ レットらしさを最大限に発揮したカスティリオーネ・ファ レットを代表する偉大なワイン。 『

樽熟成 48~60 ヶ月のバローロ・リゼルヴァを造っ ているのは 5 社しかない。ボトルではなく樽で熟成す ることで酸素がワインを育ててくれる』

WINERY SEARCH

WINE CATALOG

REGION

PICKUP WINERY

WINE LIST