Villa Papiano ヴィッラ・パピアーノ

イタリア Italia / E.Romagna

ロマーニャ地葡萄「アルバーナ」「サンジョヴェーゼ」の可能性

ロマーニャ地区で19生産者の醸造コンサルタントを務める「フランチェスコ」が遂に自分のカンティーナを立ち上げた。 今最も注目すべき造り手と言える。アンフォラ発酵・熟成のアルバーナにも注目。

2001年設立

「ノエリア・リッチ」や「ヴィッラ・ヴェンティ」の醸造責任 者を務める「フランチェスコ・ボルディーニ」。親子 2 代に渡ってロマーニャ専門で醸造コンサルタントをし てきた。 醸造だけでなく、ロマーニャの土壌と気候の研究も行 っていて、地域毎のテロワールを活かしたワイン造り をこの地域で初めて開始した人物でもある。

『ロマーニャにはトスカーナとは気候も土壌も違う。ロ マーニャらしさを表現するには量を捨てて質を目指さ なければいけない』

地域全体の品質向上に努めてきたが、2001 年、遂 に自分のワイン造りをすべく、家族と共に廃墟となっ ていたカンティーナを購入した。

『トスカーナに近いキオーダ山の奥地、標高 500m で まわりは全て森。冷涼な気候は葡萄樹に適度なスト レスを与えてくれる理想の地だった』

量産には向かない山奥の厳しい環境。勿論、他の造 り手は畑を持たない。500 年以上まわりは全て森林 だったので環境は最高の状態であった。

『泥灰土に砂岩が混じる痩せた土壌。樹勢は抑えら れ、冷涼な気候によって生育も遅い。ハンギングタ イムの長さが気難しいが長熟なワインを産む』

ワインはロマーニャの可能性を証明するかのようなシ リアスで凝縮した印象。芳香よりもミネラルの力強さ が支配し、強固で垂直的味わい。

森と共存する畑が理想

2009 年以降、10ha の所有畑では極少量の銅と天 然硫黄、コンポスト以外は使用していない。

『有機認証基準値の半分以下の使用量。特に銅は 元々地中に存在しない成分なので 3kg/ha 以下に 厳しく制限している』

灌漑も行わない。樹齢 20-45 年の葡萄樹は乾燥し た年や酷暑の年を経験して根を深く伸ばし、最低限 の水分を確保できる場所を知っているから。

『極度の乾燥が襲った 2012年でも灌漑無しに葡萄 樹自身が通常より果実を小さくして生き延びた。生 産量は半減したが、それが自然の抗耐力』

ロマーニャのイメージとは異なり、標高 500m の山中 は冬には雪が降り、地中の微生物はある程度死滅す る。雪は春先に溶けて土壌は水分を蓄える。

『まわりを森に囲まれているので葡萄樹も森の一部 となり、他の植物や動物、昆虫の影響を受けながら 自然のバランスをとる』

自然のサイクルが理想的に機能しているのは人が作 った環境ではないから。自然が長い歴史の中で作り 上げたバランスの中に葡萄樹があるのだ。

40日間マセラシオン

醸造の特徴はサンジョヴェーゼ・ディ・ロマーニャでは 珍しい長期マセラシオン。ベースのキュヴェでも 24 日間のマセラシオン(通常は 5 日程度)。

『ロマーニャ種は粒が大きく水分が多いので骨格が 不足しがち。マセラシオンでは濃さではなくワインに 厳格さを与えたい』

その後は樽には入れず、ステンレスと瓶内で熟成。フ レッシュさと硬質感こそがこの土地の個性。 樹齢 50 年のロマーニャ種からはリゼルヴァが造られ る。この畑は 8,000 本の密植で、着ける果実は非常 に小さい。

『リゼルヴァは40日間のマセラシオン。果汁が少なく、 果皮の比率が高いので果皮の影響を強く受ける。 全ての要素が強いので大樽で 1 年間熟成』

もう 1 つの個性がアルバーナ種。この地の固有種で 果皮が非常に厚く、タンニンが豊富。酸度も高く、ミネ ラルの表現に向く。 彼等はアルバーナで 3 種類のワインを造っている。1 つは伝統的遅摘みのデザートワイン。酸度を残した 9 月末の収穫と 10 月末の貴腐菌が着いた葡萄を 別々に発酵。

『6 ヶ月間自然酵母のみでゆっくり発酵させることで 甘いだけでなく複雑な味わいを得る。また早い収穫 の葡萄が酸度を与えてくれる』

辛口のアルバーナ「テッラ!」はアンフォラで発酵。6 ヶ月間マセラシオンという珍しい造り。 一般的なアロマティックなアルバーナではなく、ミネラ ルが前面に出る「モディリアーナ」らしいワイン。

『アンフォラ発酵、6 ヶ月マセラシオンでも繊細で綺 麗なワインに仕上がっている。酸化やバクテリアの 繁殖は全くない』

3 種目がヴェルモット。アルバーナの遅摘みデザート ワインに少量の砂糖、シナモン、グローヴ、生姜、レモ ン、オレンジピール、スパイスを加えて熟成させた昔 懐かしい手作りヴェルモット。

『暑過ぎる年のアルバーナは遅摘みすると果皮のタ ンニンが多過ぎてデザートワインには向かない。遊び で造ってみたら美味しかった』

WINERY SEARCH

今月の新入港リスト≪PDF≫

スペイン・ジョージア・日本全商品リスト≪PDF≫

イタリア全商品リスト≪PDF≫

フランス全商品リスト≪PDF≫

全商品リスト≪EXCEL≫

REGION

PICKUP WINERY

WINE LIST

商品記号 ワイン VIN サイズ 参考上代 葡萄品種 メモ
A6123 Sangiovese di Romagna Sp / Villa Papiano サンジョヴェーゼ・ディ・ロマーニャ・スペリオーレ / ヴィッラ・パピアーノ 2020 750㎖ 2,600円 SangioveseBalsamina 92P:Veronelli
サンジョヴェーゼとバルサミーナが混植された古い区画ヴィーニャ・パヴェーゼが主体。標高は400m。収穫後、全徐梗して野性酵母のみでステンレスタンク発酵。マセラシオンは24日間と非常に長い。木樽に入れず、何度か移し変えして6ヶ月熟成。その後、瓶内で12ヶ月熟成後、出荷。

ワイン見聞録で購入  ワイン見聞録プロで購入

A4619 Sangiovese di Romagna Sp Riserva / Villa Papiano サンジョヴェーゼ・ディ・ロマーニャ・スペリオーレ・リゼルヴァ / ヴィッラ・パピアーノ 2014 750㎖ 3,900円 Sangiovese 3Bicchiere:GR
サンジョヴェーゼ100%の標高470~500mに位置する畑ヴィーニャ・プロービの葡萄のみ。砂岩主体で痩せた土壌。1970年に植樹された古い畑。収穫後、全徐梗して野性酵母のみでステンレスタンク発酵。マセラシオンは40日間と非常に長い。マロラクティックから大樽と古いトノーで12ヶ月熟成。その後、瓶内で12ヶ月熟成後、出荷。

ワイン見聞録で購入  ワイン見聞録プロで購入

A6125 Terra ! (SC) / Villa Papiano テッラ ! / ヴィッラ・パピアーノ 2019 750㎖ 3,900円 Albana アンフォラ
1980年に植樹された色々なアルバーナ種のクローンが混植された畑で標高は450m。全て手摘みで収穫し、果皮ごとアンフォラに投入。野性酵母のみで6ヶ月間果皮と共に発酵、マセラシオン。その後、6ヶ月熟成しノンフィルターでボトリング。瓶内熟成1年。醸造中の酸化防止剤は無添加。

ワイン見聞録で購入  ワイン見聞録プロで購入

A1450 Tregenda / Villa Papiano トレジェンダ / ヴィッラ・パピアーノ 2016 500㎖ 4,200円 Albana 遅摘み+貴腐
標高350m南向き斜面のアルバーナの畑。酸度を残した9月末の収穫と10月末の貴腐菌が着いた葡萄を別々にステンレスタンクで発酵。糖度が高いので発酵はゆっくり6ヶ月間続く。その後、6ヶ月間澱と一緒にバリックで熟成。アッサンブラージュしてボトリング後、24ヶ月以上瓶内熟成させて馴染ませる。

ワイン見聞録で購入  ワイン見聞録プロで購入

A4369 Terra! “Bitter” / Villa Papiano テッラ・ビター / ヴィッラ・パピアーノ N.V 甘味 750㎖ 5,800円 Albana他 自家製ヴェルモット
(辛口)
ノコギリ草、アロエ、アンゼリカ根、オレンジピール(ビター、スウィート)、ニガヨモギ、サンザシ、カモミール、カルタモン種子、キャラウェー、カスカリア樹皮、チェレーア葉、キナ樹皮、チレッタ根、コリアンダー種子、オオグルマ根、タラゴン、フェヌグリーク種子、チョウジ、リンドウ(根、花)、ビャクシン、ハイビスカス、インセンソ樹皮、リコリス根、ミント、イラクサ、白コショウ、ルハーブ、オンサルビア、サンブーコ、セイボリー、ヨギギク、生姜

ワイン見聞録で購入  ワイン見聞録プロで購入

A0060 Tregenda “Vermouth” / Villa Papiano トレジェンダ・ヴェルモット / ヴィッラ・パピアーノ N.V 甘味 750㎖ 5,800円 Albana他 自家製ヴェルモット
(甘口)
暑過ぎた年のアルバーナは厚い果皮に豊富なタンニンを蓄えるので甘口にはむかない。この天然のタンニンを利用しているのがこのワイン。遅摘みした暑い年のデザートワインに少量の砂糖、シナモン、グローヴ、生姜、レモン、オレンジピール、胡椒等のスパイスを加えて熟成させた昔懐かしい手作りヴェルモット。

ワイン見聞録で購入  ワイン見聞録プロで購入