Jean Philippe Padie ジャン・フィリップ・パディエ

フランス France / Languedoc

元ゴビー醸造責任者が独立「カルスのミネラル」

ゴビーでの経験を活かして2003年に独立した「ジャン・フィリップ・パディエ」。カルスの5人のギャングと称される中 でも最も独特でカルスらしいワインを造る。各評価誌でも最高評価を受けている。

カルス=石灰岩

スペイン国境に近いペルピニャンの町から北西に山 道を 1 時間走った先、モーリーの手前に人口 200 人の小さな田舎村「カルス」がある。 スーパーマーケットが 1 軒、バールが 1 軒。床屋は 無く、移動式の床屋が月に 1 回ペルピニャンからや ってくる。 何でもない田舎の村だが、ヴァン・ナチュールにとっ ては至宝の村と言われる「カルス」。偉大な造り手が 5 人もこの村に集まっているのだ。

『カルスの名前の由来は土壌に含まれるチョークか らきている。名前の通り、石灰岩が豊富なので暑く、 乾燥していてもワインに優雅さを与える』

カルスの 5 人のギャングと呼ばれる偉大な造り手が 「ゴビー」「マタッサ」「オリジン」「ピトン」、そして「ジャ ン・フィリップ・パディエ」。 彼等がカルスでワイン造りを始めたのは偶然ではなく、 優れたテロワールが存在するから。

『良質の石灰岩があり、年間降水量は 500ml 程度 と日照に恵まれている。更にトモランタン(強風)に よって乾燥していることも自然栽培に最適』

また、ブルゴーニュ等の有名産地とは異なり、法規 制が緩く、造り手達が個性を出しやすいのも素晴らし いワインが生まれる下地になっている。

『土壌は灰色粘土石灰土壌が主体で花崗岩、シス ト、砂質が混じり合っている。複雑な土壌だが古樹 なので根が良質の石灰までとどいている』

元ゴビー醸造責任者

当主であり醸造家の「ジャン・フィリップ・パディエ」は ブルゴーニュで育ったが、先代までは南西部ガイヤ ックに住んでいた。

『ガイヤックの至宝ドメーヌ・プラジョルを飲んで初め てワインで感動を覚えた。すぐにワイン造りの道を 目指し始めた』

20 代前半、モンペリエで醸造学を学び、葡萄栽培 に関しても学んだ。卒業後、モーリーの老舗「マス・ アミエル」で働き、実際のワイン造りを学ぶ。

『2001 年から 2 年間はジェラール・ゴビーの下で醸 造責任者として働き、実際のカルスでのワイン造り を経験した』

その後 2003 年、ジャン・フィリップ・パディエとして独 立。カルス周辺の畑を徐々に買い足し、現在では 30 区画以上、18ha の畑を所有している。

『土地の味のするワインを造るには栽培から醸造、 全ての行程で正しい判断をしなくてはいけない。樽 毎に正しい判断をするにはこの規模が限界』

「マタッサ」や「ゴビー」等、他のカルス周辺の造り手 達のワインは少し重厚なワインが多いが、「パディエ」 は全く重くない。ミネラルのワイン。

重たいワインが嫌い

畑は有機栽培をベースに数ヶ所の畑から徐々にビ オディナミを導入している。畑に合わせたケアが重 要と考えていて極端な変化は求めない。

『カルスの自然を感じることができるワインが理想。 石灰岩のミネラル。ガリーヴやハーブの香がワイン に現れるべき』

樹齢は 40~90 年までとかなり高めの樹齢。特にミ ルウィーズに使われるグルナッシュ・ブランは 1930 年代に植樹されたもの。

『樹齢が高まらなければ葡萄樹は個性を表現でき ない。グルナッシュは太陽。カリニャンは地球の味わ いを持っている』

伝統的混植混醸の畑も積極的に残している。熟度、 酸度、糖度の成熟度が違う葡萄が混植混醸するこ とで自然とバランスをとる。 彼のワインは酷暑の南仏とは思えない軽さがある。 これは梗や種子、果皮の扱いで苦味やフレッシュさ をワインに与えているから。

『過度な抽出を避け、発酵前に低温浸漬をすること。 それと果皮や梗を使うことで苦味やフレッシュさ、ス パイシーさをワインに与えることが重要』

WINERY SEARCH

今月の新入港リスト≪PDF≫

スペイン・日本全商品リスト≪PDF≫

イタリア全商品リスト≪PDF≫

フランス全商品リスト≪PDF≫

全商品リスト≪EXCEL≫

REGION

PICKUP WINERY