Sandro Fay サンドロ・ファイ

イタリア Italia / Lombardia

ランゲとは全く違う。もう1つのネッビオーロ

東西に続くアルプス山脈の南側斜面に張り付く段々畑。標高で分割し、武装の個性に合わせたワイン造りが特徴。 マルコにとって葡萄の個性をそのまま表現するのが理想。

ランゲと全く違う土壌

1973 年に「サンドロ」が実家のワイン造りを事業とし て本格化、設立したのが「サンドロ・ファイ」。 ヴァルテッリーナの歴史「アール・エ・ペペ」の親戚に あたる一家で重要な畑を所有している。1998 年に は息子「マルコ」娘「エレナ」に引き継がれた。

『マルコはエリオ・アルターレやマコンのオリヴィエ・メ ルランで学び、保守的なヴァルテッリーナで独自の 立ち位置を確立していく』

ヴァルテッリーナは珍しい産地。協会が完璧に機能 していて 45 生産者全てが所属している。栽培方法 や病害対策も共同で行っている。

『協会で決めた事は皆が守る。ビオロジック、ホルモ ン剤の採用、蒸気での除草。全て協会で決められ、 全生産者が採用している』

東西に 20km 続くヴァルテッリーナはアルプス山脈 の南側斜面に張り付くような段々畑が特徴。土壌は ランゲとは違って石灰、粘土の比率が低い。

『泥灰土壌に砂が混じる土壌で PH は 4.5~5.5 と かなり低く、酸度が高い葡萄が収穫される』

ランゲの PH は 7 程度なので、比べるとかなり低い。 「エトナ」や「ガッティナーラ」「カルソ」と似た土壌。ラ ンゲとは正反対の個性になる。

『アルプス山脈を氷河が削り、湖がいくつもできた。 そこに溜まった泥灰土がこの地域の土壌の基盤に なっている』

重要なのは標高

マルコが強く意識しているのは標高の違いによる葡 萄の特徴を活かしたワイン造り。

■350m 以下の畑 ランゲと同じ位の標高だが、ヴァルテッリーナでは一 番低い畑。問題は湿気と冷気の影響。

『夏の湿気は下部に溜まる。秋は冷気が下部にた まるので葡萄の成熟に悪影響を与える』

彼等は低い畑の仕立をペルゴラにして日照量を確 保。湿気と冷気で果皮が薄いので収穫前に雨が降 ると壊れてしまう。

『早目に収穫し、アルコールが低く、タンニンも強く ない早飲みタイプに仕上げている。造り手のセンス や実力が試される』

■450~600m の畑 最高の日照量。芽ぶきも早く、成熟は時間をかけて ゆっくりと進んでいく。

『果皮は十分に成熟するので厚くなる。タンニン、フ ェノール類の質が高く、葡萄の水分量も少ない。理 想的なキアヴェンナスカ』

5 つのサブゾーンに分かれるヴァルテッリーナ。彼等 は「ヴァルゲラ」と「サッセッラ」に畑を所有。

『色々な大きさの段々畑を持つことも重要。小さい 畑は乾燥に弱く、大きい畑は水分が溜まりやすいの で葡萄が水膨れしやすい』

■600m 以上の畑 日照量は多いが、標高が高過ぎるので下部と同じく 冷涼。葡萄の成熟スピードは遅い。

『上部は湿気が無いので葡萄がカビに侵されること がなく、秋の雨に降られてもすぐ乾燥する。よって 陰干しタイプに向く』

最近では標高 850m の畑にシャルドネも植樹。寒暖 差による引き締まった味わいの白ワイン造りにも挑 戦している。

温暖化で注目の産地に

彼等の畑は全てビオロジックが採用され、硫黄は使 うが、銅さえもほとんど使われていない。 殺虫剤も使用しないので毎年 4 月は段々畑の石段 に卵を生み、葡萄芽を食べてしまう虫ノエットを夜間、 手作業で取り除いている。

『除草剤も使用しない。下草は蒸気でボイルして成 長を止めている。ヴァルテッリーナ全体が環境保全 に取り組んでいる』

彼等の大きな特徴が 10 種類以上の「キアヴェンナ スカ」のクローン。 一般的には病気に強い 2 種のクローンが栽培される が、彼等は 10 種のクローンを列毎に植えている。

『苗木屋には古いクローンは無かったので試験場に 行き、譲ってもらった。発芽や収穫のタイミングが異 なるので手間はかかるが複雑味を得られる』

ランゲでは温暖化が問題になっているがヴァルテッ リーナは寒い。真夏でも 40 度になることはない。 4,000m のベルニーナ山からコモ湖に向かって吹き おろす冷気がヴァルテッリーナの個性を作っている。

WINERY SEARCH

WINE CATALOG

REGION

PICKUP WINERY