Mario Marengo マリオ・マレンゴ

イタリア Italia / Piemonte

『ブルナーテ』最高の区画を所有

バローロのクリュでも最高のクリュと言われるブルナーテ。その中でも最高の区画を所有するのがマリオ・マレンゴ。バ ローロの頂点とも言われるこの区画からは緻密で繊細、大きなワインが産み出される。

ブルナーテ最高の区画

「エリオ・アルターレ」の「バローロ・ブルナーテ」は「マ リオ・マレンゴ」の葡萄を使って造られてきた。(現在 は契約が終了した)

『バローロ最高のクリュの 1 つがブルナーテ。その最 高の区画を所有するのがマリオ・マレンゴ。斜面、方 角、土壌、樹齢、全てが最高』

「ラ・モッラ」の特徴である「優雅さ」を高いレベルで 表現することができるのは限られた畑。「ブルナー テ」こそが「ラ・モッラ」。 1ha の「ブルナーテ」は丘の中心部、南東向き。日 光が一番初めに当たる区画。標高は 350m で丘の 中部に位置する。 「ブルナーテ」最高の区画と言われる彼等の「ブル ナーテ」は僅かに年 400 ケースの生産。

『樹齢は 80 年。ブルナーテで最も古い葡萄樹。土 壌は粘土石灰質だがシルトが混じっているのが特 徴。鉄分が少ないのも特徴』

もう 1 つ彼等の重要な畑がバローロ村の「ブリッコ・デ ッレ・ヴィオーレ」。0.9ha の小さな区画で丘の最上 部を所有。1950 年に植樹された古い区画で標高は 450m を超す。

『ブルナーテより石灰含有量が多く、標高はバロー ロ村で最も高い。ワインはより繊細で名前の通りス ミレの花の香が出る』

有機栽培と持続的農業

「マリオ・マレンゴ」は 1899 年からボトリングを開始。 創設者は現在の当主「マルコ」の父「マリオ」。所有 畑は全て合わせて 3.5ha。 2001年父「マリオ」が亡くなり、「マルコ」が後を継ぐと 一気に評価を上げていった。彼は毎日畑にいること で造り手達の間で有名。

『毎日樹を観察すると葡萄樹の病気等の変化に気 がつける。早く気付けば薬剤を使わずに対処できる。 だから硫黄だけしか使わずに済む』

畑では硫黄と銅以外は使用しない。殺虫剤、除草 剤も一切使用しない。病気は予防と観察、介入の 3 段階で対応できるが、「マルコ」は予防と観察で全て 対処できると考えている。

『バローロで葡萄樹を健康に保つ為に重要なのは 区画の場所に合わせて仕立を変えて湿気と陽光の 当たり方を調整すること』

必要な時期だけ殺虫剤の代わりに特定の害虫の産 卵や繁殖に合わせてフェロモン・トラップや蜂蜜、ヴ ィネガーが使われている。 畑では下草が伸ばされている。春先と雨が多い時 期のみ湿気を除去する為に刈り込みを行うが基本 的に 1 年間伸ばしっ放し。

『下草は急斜面のブルナーテでは重要。表土が流 れ落ちるのを防ぐ。同時に葡萄樹の根が横に伸び るのを防いでくれる』

ブルナーテ・リゼルヴァ

■バローロ・ブルナーテ・リゼルヴァ 「ブルナーテ」の畑の一部に 1940 年に植樹された 75 年以上の樹齢の樹が 0.16ha だけ残っている。こ の葡萄だけを使って造っているのが「バローロ・ブル ナーテ・リゼルヴァ」を造っている。良い年のみの生 産で 1,000 本のみ。

『以前はヴェッキア・ヴィーニュとしてリリースしてい たがポテンシャルが高いので 2 年熟成期間を延ば すことにした』

■バローロ 近年、単一畑のバローロに加えて 1999 年に植樹さ れたバローロも3,000本だけ造り始めた。畑は「ラ・モ ッラ」の 2 ヶ所の畑のアッサンブラージュ。

『将来的には単一のクリュとして瓶詰めしたい。今 は樹が若いのでアッサンブラージュで補い合ってい る。栽培、醸造はクリュと同じくする』

■ネッビオーロ・ダルバ・ヴァル・マッジョーレ ネッビオーロ・ダルバは「ロエロ」の平地の葡萄が使 われることが多いが、グラン・クリュと言われる「ヴァ ル・マッジョーレ」の葡萄が使われている。

『奥さんがヴァル・マッジョーレの出身なので良い区 画を手に入れることができた』

WINERY SEARCH

今月の新入港リスト≪PDF≫

スペイン・ジョージア・日本全商品リスト≪PDF≫

イタリア全商品リスト≪PDF≫

フランス全商品リスト≪PDF≫

全商品リスト≪EXCEL≫

REGION

PICKUP WINERY

WINE LIST

商品記号 ワイン VIN サイズ 参考上代 葡萄品種 メモ
A6840 Barolo “Bricco delle Viole” / Mario Marengo バローロ・ブリッコ・デッレ・ヴィオーレ / マリオ・マレンゴ 2017 750㎖ 9,800円 Nebbiolo 93P:JS, 92P:WS
標高410mの上部に位置する僅か0.38haのブリッコ・ヴィオーレ。1955年に植樹された区画で樹齢は約65年。素晴らしい状態。発酵は野性酵母のみでマセラシオンは10日間。バリック(15%新樽)に移し変え、セラーの温度を上げてマロラクティック発酵を促し、24ヶ月熟成。砂が多い畑なので花や果実の香が強く、芳香に優れ女性的。

ワイン見聞録で購入  ワイン見聞録プロで購入

A7776 Barolo “Bricco delle Viole” / Mario Marengo バローロ・ブリッコ・デッレ・ヴィオーレ / マリオ・マレンゴ 2018 750㎖ 9,800円 Nebbiolo 93P:Raffaele
標高410mの上部に位置する僅か0.38haのブリッコ・ヴィオーレ。1955年に植樹された区画で樹齢は約65年。素晴らしい状態。発酵は野性酵母のみでマセラシオンは10日間。バリック(15%新樽)に移し変え、セラーの温度を上げてマロラクティック発酵を促し、24ヶ月熟成。砂が多い畑なので花や果実の香が強く、芳香に優れ女性的。

ワイン見聞録で購入  ワイン見聞録プロで購入

A7777 Barolo “Brunate” / Mario Marengo バローロ・ブルナーテ / マリオ・マレンゴ 2018 750㎖ 13,000円 Nebbiolo 93P:Raffaele
1947、1957年に植樹された平均樹齢70年の区画でマルゴッタでクローンを保持している。土壌は典型的な石灰岩を多く含む泥灰土。熟成はフレンチ・バリックで24ヶ月。新樽は全体の15%以下に抑える。ブルナーテの中でも最も優れた区画を持つのがマレンゴと言われる。日当たりが非常によく毎年一番最初に収穫が始まるのがこの畑。

ワイン見聞録で購入  ワイン見聞録プロで購入

A7775 Barbera d’Alba “Pugnane” / Mario Marengo バルベーラ・ダルバ・プニャーネ / マリオ・マレンゴ 2020 750㎖ 3,800円 Barbera --
カスティリオーネファレットの0.38haの畑プニャーネ。1998年に植樹した粘土石灰土壌の畑。ステンレスタンクで野性酵母のみで発酵。発酵は野性酵母のみでマセラシオンは5~6日間。バリック(15%新樽)に移し変え、セラーの温度を上げてマロラクティック発酵を促し、10ヶ月熟成。ボトリング後、最低4ヶ月寝かせてから出荷。

ワイン見聞録で購入  ワイン見聞録プロで購入

A5532 Dolcetto d’Alba / Mario Marengo ドルチェット・ダルバ / マリオ・マレンゴ 2019 750㎖ 3,000円 Dolcetto 1997,2000年植樹
カスティリオーネファレットの0.48haの畑で1997,2000年にドルチェットに植え替えた。重いシルト土壌なのでドルチェットに相性が良い。ステンレスタンクで野性酵母のみで発酵。そのままステンレスタンクで10ヶ月以上熟成。フレッシュでカジュアルなワインなので唯一樽熟成しない。

ワイン見聞録で購入  ワイン見聞録プロで購入

A7780 Dolcetto d’Alba / Mario Marengo ドルチェット・ダルバ / マリオ・マレンゴ 2021 750㎖ 3,000円 Dolcetto 1997,2000年植樹
カスティリオーネファレットの0.48haの畑で1997,2000年にドルチェットに植え替えた。重いシルト土壌なのでドルチェットに相性が良い。ステンレスタンクで野性酵母のみで発酵。そのままステンレスタンクで10ヶ月以上熟成。フレッシュでカジュアルなワインなので唯一樽熟成しない。

ワイン見聞録で購入  ワイン見聞録プロで購入