Andrea Arici アンドレア・アリチ

イタリア Italia / Franciacorta

高地・ノンドサージュ新『フランチャコルタ』

高地で育つ葡萄は他のフランチャコルタの畑よりも2週間も収穫が遅い。アルプス山脈の岩盤から産まれるシャン パーニュのような酸味とミネラル。フランチャコルタの新世代。

石灰岩盤上の畑

フランチャコルタの東端「グッサーゴ」は 400 年のワイン造りの歴史がある。丘陵地なので歴史的にスティルワインが造られてきた。

『赤ワインが造られてきた産地なのでピノ・ネロの古 い樹や密植された畑が残っている』

2002 年、「アリチ家」の息子「アンドレア」と醸造コン サルタント「ジョヴァンニ」が出会ったことで「フランチ ャコルタ」造りが始まった。 「ジョヴァンニ」は「ジャンニ・マシャレッリ」で働いた後、 コンサルタントとして独立。「プリンチピアーノ」のスプ マンテも手掛けている。

『通常、フランチャコルタは平野で造られる。僕等の 畑は標高 400m の高地。平野部はモレーン土壌だ が丘陵部は石灰岩盤の上の畑』

「グッサーゴ」は東フランチャコルタを南北に通るア ルプス山脈に位置している。石灰岩盤が隆起した山 なので痩せて貧しい土壌。1 年を通して冷涼。

『石灰岩盤上で育った葡萄は果実よりも塩味を感じ させる。ミネラルが豊かで硬いので少し長い瓶熟が 必要。熟成すると旨みが出る』

畑は 8 カ所に分かれていて崖に段々畑のように作ら れている。平野部との標高差は 200m。年間の平均 気温で 3 度程度平野部より寒い。 ビオロジックで管理されていて、全て手作業。野生 のアスパラやチポッラ、ニンニク等が自生している。 下草は生やしておき、雨量をみながら年に 3~4 回 だけ刈り込む。

『高地で風が通るので湿気が溜まらない。病気に弱 いピノ・ネロの栽培にも向いている。冷涼なので葡 萄は酸を残しながら完熟する』

ノン・ドサージュ

『エルブスコは厚い果実味が特徴なのでドサージュ することでバランスする。ミネラルが強く、酸がのっ たグッサーゴにはドサージュは必要ない』

醸造はシンプル。毎年「エルブスコ」より 1 週間遅い 8 月後半に完熟の 1 歩手前で収穫。 自然酵母のみ。ステンレスタンクで低温発酵。発酵 段階での酸化防止剤は使用しない。 区画毎に収穫し、区画毎に醸造することで畑の個 性を残す。ティラージュする時に各畑をアッサンブラ ージュして味わいを整える。 全てのボトルに「ティラージュ」と「デゴルジュマン」の時期が明記されている。通常のフランチャコルタはデゴルジュマンしてからす ぐに出荷されるが、彼等はデゴルジュマン後 1 年瓶 熟してから出荷している。

『澱と触れ合っている間は還元的。離れてからワイ ンは成長を開始する。硬質な僕等のワインは少し寝 かせることで旨みが出てくる』

フランチャコルタ新世代

ボリュームと甘みが特徴であったフランチャコルタが変わろうとしている。「カ・デル・ボスコ」や「ベッラヴィスタ」といった大手は 平野部に位置している。近年暑いエルブスコでは酸 度が確保できなくなっている。

『温暖化もあって冷涼な東フランチャコルタが注目されている。大手生産者はグッサーゴ等丘陵部の畑を買い始めている』

最も標高の高い畑を所有する「アンドレア・アリチ」は 硬質でシャンパーニュに近いバランス。昆布出汁の ような旨みがある。

『薄い果汁では深みはでない。凝縮した葡萄は高 い樹齢と密植率がなければならない』

新しく植樹された若い樹では石灰岩盤の下まで根が伸びない。表土の粘土質にしか根が伸びていなければ石灰岩盤の恩恵は受けることはない。

『土地と造り手の個性を表現するには買い葡萄や買いワインではなく、栽培から始めるべき』

シャンパーニュに比べて遅れているフランチャコルタ。 造り手の意識が変わり始めている。彼等のような小 規模な造り手に注目したい。

WINERY SEARCH

WINE CATALOG

REGION

PICKUP WINERY