Cave d’Estezargues エステザルグ協同組合

フランス France / Cotes du Rhone

『フランス最小・最高品質』の協同組合

10軒の葡萄栽培家で構成されるフランス最小の協同組合。SO2の添加を出来る限り減らし、ノン・フィルター、ノ ン・コラージュで造られるコストパフォーマンの高いコート・デュ・ローヌ。

ドメーヌ以上組合未満

『組合ができたのは 1965 年。エステザルグ村の 10 軒の生産者が集まった。今でも同じメンバーで運営 している』

醸造設備の共同使用を目的に造られたエステザル グ協同組合。僅か 10 軒の生産者で構成されており、 フランスで最も小規模の協同組合の 1 つ。

『僕等の目的はワインを量産する事ではない。醸造 設備を共有することでコストを下げ、醸造のプロに醸 造を任せることで質を上げること』

以前はエステザルグで造ったワインは全てネゴシアン に販売していた。しかし、1990 年に南仏で自然を尊 重したワイン造りを提唱した「ジャン・フランソワ・ニッ ク」が醸造長に就任し方向転換した。 現在の醸造責任者は「ドニ・デュシャン」。全てのワイ ンの醸造は彼が行っている。一方、各畑の作業はそ れぞれの生産者が担当しながら「ドニ・デュシャン」が コンサルタントをしている。 ワインは「ノン・フィルター」「ノン・コラージュ」野生酵 母のみの発酵で SO2 の添加もできる限り抑える。

最高のコストパフォーマンス

「コート・デュ・ローヌ」最南端に位置する「エステザル グ」。まわりはガリーヴしか生き残れない乾燥した荒 野が続く。 この地域はAOC「コート・デュ・ローヌ」とAOC「コー ト・デュ・ローヌ・ヴィラージュ・シナルグ」というテロワー ルが異なる 2 つのAOCがある。 どちらも以前はローヌ川の底だった地域で、アルプス から運ばれてきた石や砂・粘土の堆積物で構成され ている。

『コート・デュ・ローヌは粘土が主体で砂や石が無い。 鮮新世の土壌でシナルグより標高が 100m と低く水 分含有量も多い』

ワインはシナルグと比べれば骨格に欠けるが、ジュー シーで華やかな美味しさ。

『ヴィラージュ・シナルグはローヌ川由来の大きな石が 表土を覆っている。下層は砂の層があり水はけが良 い。ヌッフ・デュ・パプと同じ土壌』

「ローヌ」と「ラングドック」の交差点と称されるこの地 域。ローヌの内陸性気候とラングドックの地中海性気 候の影響を受け独特のワインが産まれる。 畑は全てビオロジックで栽培されている。シラーやグ ルナッシュの古樹は「ゴブレ」で仕立てられているが、 近年「エヴァンタイユ仕立」に変更。

『ゴブレは古樹になると樹勢が安定して高品質の葡 萄をもたらしてくれるけど全て手作業。質を上げなが ら価格を抑えることが重要』

「ゴブレ」は機械収穫ができない。良質のワインを安 定した価格で提供する事が彼等の目標。 機械収穫の出来る「エヴァンタイユ仕立」を導入して から収穫から発酵開始までの時間が短くなった。こ れによって収穫時や選果時の SO2 の使用をやめる ことができた。

石の特別畑シナルグ

AOC「コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ・シナルグ」が 認定されたのは 2004 年とまだ歴史は浅い。 「シナルグ」は古くから呼ばれていたこの地域の名前 で同じテロワールを持つ 4 つのコミューンに分かれて いて、畑の表面は大きな丸い石が覆っている。

『約 1 億年前の氷河期後期にローヌ川によってアル プスから運ばれてきた石。200~300km流される間 に岩は徐々に角がとれて丸くなった』

表土は 30cm 程でこれらの石に砂が混ざるごく痩せ た土壌。シャトー・ヌフ・デュ・パプとほぼ同じテロワー ルと言われている。 保水性が低く乾燥する。葡萄樹は水分や栄養分を 求め、褐色粘土質の下層土にまで根を伸ばす。

『酸化鉄を多く含む下層の粘土質まで根が伸びるの でコート・デュ・ローヌにはない鉄分や複雑味を手に 入れる』

WINERY SEARCH

WINE CATALOG

REGION

PICKUP WINERY