Reyane et Pascal Bouley レイヤンヌ・エ・パスカル・ブレ

フランス France / Bourgogne

『ヴォルネイ』を愛するヴォルネイッ子のヴォルネイ

ロッシニョール家の流れをくむ名家ブレ家。ヴォルネイらしいワインを造る為に先代のワイン造りを継承。畑は完全手 作業のビオロジック。最もヴォルネイらしいヴォルネイ。

ヴォルネジアン(ヴォルネイッ子)

コート・ド・ボーヌで最も女性的なワインと言われる「ヴォルネイ」。しかし、近年の「ヴォルネイ」は力強いも のも多い。

『ヴォルネイの中でも特に女性的で丸みを帯びた柔 らかい味わい。そして今では珍しい古典的な土臭さ が僕達のワインには感じられるはず』

人口 300 人以下の小さな村「ヴォルネイ」の中心部、 教会のすぐ脇にある小さな醸造所が「レイヤンヌ・ エ・パスカル・ブレ」。

『祖父ジャンはヴォルネイの名家ロッシニョール家の 出身。ブレ家との結婚で畑を増やし、現在 6 代続く ヴォルネイでも最古の造り手の 1 人』

現当主は「パスカル」。「レイヤンヌ」は奥様の名前で 共にドメーヌを守っていく意味を込めて 1992 年より 正式名称を 2 人の名前にしている。

『ヴォルネジアン(ヴォルネイッ子)なのでこの村の特 徴を表現するワインを造り続けていきたい。他のブ ルゴーニュには無い個性なのだから』

「パスカル」は村のワイン祭り「エレガンス・ド・ヴォル ネイ」の創始者であり、村長補佐役。そして村営吹 奏楽部のメンバー。村を愛している。

『12 歳からヴォルネイでワイン造りをやってきた。3 年連続の雹害は初めてだ。今こそヴォルネイの価値 を再認識するべき』

所有畑は、ほとんどが「ヴォルネイ」に位置しており、 ブルゴーニュ・ルージュもヴォルネイ村の畑のみで 造られている。

優しさは足で踏むからこそ

丸く、女性的で柔らかい質感こそが「ヴォルネイ」。こ の特徴は土壌に起因している。 ボーヌの南はオックスフォーディアン期の土壌でコー ト・ド・ニュイよりも比較的若い。特に「ヴォルネイ」は 砂質に石灰が混じるので華やかさが出る。 「ポマール」のような力強さや「ニュイ」の大きさは無 いかもしれないが、ピノ・ノワールの真髄である骨格と 華やかさで魅了される。

『泥灰土に砂が混じる。粘土や赤土は少ないので 凝縮度よりも繊細さを活かしたワイン造りに適して いると思っている』

コート・ド・ニュイとは違いボーヌの「ポマール」や「ヴォ ルネイ」は農家的な小さな造り手の方がテロワール を理解しているし、活かしている。

『女性的なタンニンの為に 2 週間以内の低温マセ ラシオンを採用。繊細さは道具ではなく人の足でプ レスすることで得られる』

彼等のワイン造りは「ヴォルネジアン」の伝統であっ て彼等にとっては当たり前。変わる事はない。 ヴォルネイッ子に継承されてきた「ヴォルネイ」の個 性を最大限に。

『自分の足で葡萄を感じながら過度なストレスを与 えないで葡萄をプレスしていく。ヴォルネイは華美で はいけない』

収穫はタンニンの成熟と酸度が落ちないタイミングで 行われる。基本的には除梗するが、近年、徐々に 全房の比率を高めている。 近年、息子「ピエリック」がドメーヌに加わった。「パス カル」は引退を視野に共に働いている。親子で控え めな彼等はまるで「ヴォルネイ」そのもの。

『ピュアさや繊細さは解り難いかもしれない。でも、 インパクトの強い料理は飽きてしまうのと同じ。ワイ ンも経験を積めば繊細さやピュアさを楽しめる』

ヴォルネイの個性を伸ばす

■ヴォルネイ・1er・クロ・デ・シェーヌ プルミエ・クリュ「クロ・デ・シェーヌ」は「シャンパン」の 上部に位置する傾斜の厳しい標高差の大きい畑。 「ヴォルネイ」にしては粘土や鉄分が多く、力強さ、 熟成能力の高さが特徴。

『クロ・デ・シェーヌは中央部の上部から下部。それ と南端の一部の畑を所有。この畑の個性をそのま ま素直に表現している』

■ヴォルネイ・1er・シャンパン 「ヴォルネイ」のプルミエ・クリュで最も「ヴォルネイ」ら しい個性を持つ。

『粘土比率が少なくヴォルネイらしい土壌。華やかさ、 骨格のバランスが優れているのでいつでも美味しく 飲める。10 年程度の熟成も可能』

WINERY SEARCH

WINE CATALOG

REGION

PICKUP WINERY