Henri et Gilles Buisson アンリ・エ・ジル・ビュイッソン

フランス France / Bourgogne

『ルフレーヴ』で学んだ新しいサン・ロマン

ムルソーの西側に位置する隠れた銘醸地サン・ロマン。40年以上に渡り自然農法により育った葡萄は区画毎に明 確な個性を持つ。「アプソリュ」は醸造中に一切SO2を加えていない。

70年代から続く自然農法

「ムルソー」や「ピュリニィー・モンラッシェ」以上にミネ ラルの表現に向く「サン・ロマン」。今、フランス国内 で注目が集まっている。 「ビュイッソン」は 12 世紀からこの村に続く老舗ドメー ヌ。1950年代、6代目の「アンリ・ビュイッソン」がほと んどの農家がバルクで販売をしていた中、先駆けて 元詰めを始めた。

『祖父は農薬の使用が当たり前だった 70 年代も除 草剤さえ使わなかった。独自の哲学があってちょっ と変わり者だった』

その意思は現在の当主「フレデリック」と「フランク」兄 弟に受け継がれ、彼等によって「ビオロジック」そして 「ビオディナミ」へと進化していく。

『フランクはドメーヌ・ルフレーヴで働きビオディナミを 学んだ。サン・ロマンはビオディナミに向く』

醸造を担当する兄のフレデリックと共に今後も自然 農法を家族で継承していく。

サン・ロマン味わいの垂直性

「サン・ロマン」もブルゴーニュの他の村と同様に相 続による所有畑の細分化が進んでいるが、彼等は 1ha 以上の大きな 1 枚畑を所有。色々な区画のア ッサンブラージュでAOCサン・ロマンを造る生産者 が多い中で、彼等は全て区画名付きでリリースして いる。

『1ha の一枚畑はブルゴーニュでビオディナミを実践 するのに非常に有利。細分化された畑では隣の影 響を確実に受けるから』

「ムルソー」から山間部に入った「サン・ロマン」はコー ト・ド・ボーヌで最も標高が高く 350~420m。複数の 谷が向き合う複雑な地形で区画毎に全く異なる味 わいが面白い。冷涼でミネラルの表現に向く。

『北斜面「ラ・ペリエール」はジュラ紀中期カロヴィア ンの粘土石灰質。直線的なミネラルと白い花が特 徴で垂直性のあるワイン。一方温暖な南向きの急 斜面に位置するのが「スー・ラヴェル」。熟した桃の ネクターのような濃厚さ』

格付け畑を持たない AOC だが彼等のワインは格付 けワイン以上の個性を持っている。

『サン・ロマンの面白さは複雑な土壌と入り組んだ 丘による区画毎も個性。それを感じさせるワインを 造るにはシンプルな醸造と健康な畑が必須』

SO2完全無添加

「ビュイッソン」は 2011 年に SO2 無添加の「サン・ロ マン」をリリース。2004 年から 7 年実験を重ねた上 でのリリース。

『SO2 の使用を減らすことは祖父の代から続く自然 なワイン醸造を進める上で必然だった』

初ヴィンテージの 600 本はすぐに完売。ジャーナリス トからの評価も極めて高いもの。

『アブソリュと名付けられた SO2 無添加キュヴェは 非常に良くコントロールされていて欠点が見当たら ない。偉大なサン・ロマンだ』

2015 年度版でベタンヌはこのように書いている。

『赤、白共に SO2無添加キュヴェは通常より全房の 比率を高くして発酵時の温度コントロールを厳密に 行っている。バクテリアに侵されていない』

若いうちは硬く閉じた印象の「サン・ロマン」だが亜硫 酸の使用を抑える事で、リリース直後から香りが開き ジューシーな味わいのワインに仕上がる。

WINERY SEARCH

WINE CATALOG

REGION

PICKUP WINERY