5/24「大阪」サルタレッリ来日セミナー

試飲会 大阪府

2019.04.22

平素は格別のご高配を賜り誠に有難うございます。マルケ州、ヴェルディッキオ・デイ・カステリ・ディ・イエジの中心的生産者サルタレッリより当主「パトリツィオ」が初来日いたします。彼等は自社葡萄と言う考え方の薄いこの地域で自社葡萄100%でワインを造る珍しい造り手。そして病気に強い3種のクローンが90%を締めるこの地域で昔ながらのクローンを栽培し続け、カステッリ・ディ・イエジのワイン造りを牽引しています。クラシコだけでなく彼等の思いの詰まった全てのキュヴェを是非お楽しみください。

 

月日:5月24日(金)

時間:15時~17時(着席形式:14:50までに着席をお願い致します)

場所:コンファレンスプラザ大阪御堂筋

 

32種類のクローン

現在、この地域では病気に強く多産なクローン3種が90%を占めている。彼等は昔のヴェルディッキオを復活させる為、32種類のクローンを混植している。その畑が「トラリヴィオ」単一クローンでは出せない複雑味を持つ。

 

北斜面の畑だから出来る遅摘辛口

暑い「カステリ・ディ・イエジ」では葡萄が早くに完熟を迎えてしまう為、ワインはシンプルな味わいに仕上がる。サルタレッリの所有する北側斜面の「バルチャーナ」では11月末まで収穫を待っ。他にはない個性のワイン。

 

ヴェルディッキオの可能性

8月の上旬に収穫し酸を残したブリュットや11月上旬まで収穫を遅らせた葡萄で造るパッシート等同じ品種でも収穫時期や畑の方角により様々なワインを造る。ヴェルディッキオの可能性を様々なワインで表現する。

※20名様限定とさせて頂きます。お申し込みの無いお客様の入場はできません。